「自分が行うすべてのショーが、人々の生活を変える大きな革命的な力になることを常に望んでいます」と、RuPaul のドラッグ レースプロデューサーであるフェントン ベイリーは言います。しかし、どのような指標から見ても、ワールド オブ ワンダーの長期にわたるリアリティ ショーは、横柄な司会者であるル ポールの承認を得るために、これまで以上にとんでもないドラァグ クイーンが競い合うショーです。TV およびデジタル プロパティ全体で、このフランチャイズは今年、11 のエミー賞にノミネートされましたコンペ番組が 6 勝した場合、史上 5 番目に多くのエミー賞を受賞したテレビ番組になります。それだけではありません: 2009 年に最初に登場して以来、14 の米国シーズンを生み出した後、ショーの形式は英国、カナダ、フランス、イタリア、スペイン、オランダ、タイ、フィリピンに輸出され、来年はベルギーとスウェーデンが続きます。 .

このインタビューでは、ベイリーと仲間のプロデューサーであるランディ・バルバトが番組の魅力と長寿について語っています。

締め切り:なぜ現在この番組に多くの関心が寄せられているのですか?

フェントン・ベイリー:地政学的な意味で、重要な時期に来ていると思います。それがアメリカであろうとなかろうと、時計をステレオタイプの価値観に戻そうとする試みが見られるからです. 女性が力を与えられていなかった時代、結婚の平等がなかった時代に、巨大な縮小がありました. そして、このショーはそれに対するアンチテーゼです。なぜなら、ドラッグ レースのメッセージは、 「自分らしくあることを恐れないで、ありのままの自分でいること」だからです。これは、アメリカだけでなく、今日の政治環境において非常に重要なメッセージだと思います。つまり、スペイン、フィリピン、イタリアなど、カトリックの伝統が非常に強い国には、非常に活気のあるバージョンのドラァグ レースがあります。. 彼らは、保守主義、偏見、同性愛嫌悪、およびすべての人の生活を非常に不快にする他のすべての不快なことに対するカウンターバランスとして機能するからです.

締め切り:なぜ人気が出たと思いますか?

ベイリー:抗力は普遍的なものだと思います。それが大きな秘密です。以前は、「ドラッグは素晴らしいが、ドラッグはマージンのためのものであり、ドラッグはダウンタウンのものだ」と考えられていました。しかし、実際には、あなたは裸で生まれ、残りはドラッグです. 屋根裏部屋でドレスアップをしている子供たちのようなものです。それは時間と同じくらい古く、誰もがそれをやった.

締め切り:脚があることをいつも知っていましたか?

RANDY BARBATO:今日もここでショーについて話しているとは必ずしも思っていませんでしたが、RuPaul にはある種の長寿と彼の前に続くある種のキャリアがあると常に信じていました — Everready のようにバッテリー。多くの点で、彼こそがドラッグ レースを特別なものにしていると思います。彼は、髪とかかととファビュロシティに加えて、心があることを保証する存在です. だからこそ、多くの人がこのショーにつながっていると思います。それはドラッグの表面を超えて、たまたま私たちのヒーローでもあるこれらの素晴らしいアーティストとつながっています.

締め切り: Fまたは非常に残忍なショーであり、多くの競争力のある現実のショーと同じような卑劣さはありません. どのように対処しましたか?

ベイリー:ええと、ドラッグの全体的な考え方は、それがふりであり、遊びであるということであるため、それは一種の前提に焼き付けられています。あまり真剣に受け止めるべきではありません。実際、それはかなり深刻な考えです。そうです、それほど残忍ではありません。そして、ショーのもう1つのことは、ショーの形式がドラッグクイーンのようなものであるということです. フォーマット自体はドラッグ中です。

「ルポールのドラァグ レース」: クイーンズとチームが、シーズン 14 がこれまでで最も感情的な理由を明らかにする – Contenders TV: The Nominees

締め切り:どのように出場者を見つけますか?

バルバト:フェントンと私は昔からドラァグ クイーンのファンだったので、世の中にはたくさんのドラァグ クイーンがいて、まだ認知されていない才能や、知られていない才能がたくさんいるという感覚を常に持っていました。より広いプラットフォームが提供されたようなものです。だから私たちはいつもそこにたくさんの人がいることを知っていました. ショーが始まって以来、私たちは常に非常に堅牢なキャスティング オペレーションを行ってきました。RuPaul は、取得したすべてのキャスティング テープを確認しています。そこにはたくさんの女王がいて、これは誰かがシーズンを作らない場合、彼らは再びオーディションに招待されるショーです. 最初のオーディションでキャストされなかった大成功を収めた女王がたくさんいます。ニーナ ウェスト [シーズン 11 のライバル] はその一例であり、信じられないほどの成功を収めています。ですから、多くの競争の現実がそのように示しているのとは違うと思います。

ベイリー:これはディスではありませんが、概して、他の番組の出場者は出入りするだけです。ドラッグ レースは、どちらかというとキャリアの出発点です。ドラッグ クイーンを経験したことのある人なら誰でも耳にします。つまり、史上初のシーズンの最初のエピソードで排除された最初の女王であるポークチョップでさえ、彼女にちなんで名付けられた積み込みドックを持っています. ですから、それは本当に才能の出発点です。もう 1 つのことは、ショーが十分に長く続いていることです。これは頻繁に発生します。女王は「子供の頃にショーを見たのを覚えています」と言うでしょう。[笑う] 聞くのは素晴らしいことです - 寝室のカバーの下に隠れて、夜遅くにショーを見ている子供たちがいて、ドラッグクイーンになるように促したことを知って.

締め切り:また非常に珍しいのは、彼のインタビューで、RuPaul が非常に簡単な方法で非常に深く掘り下げ、実在の人物に到達しようとしていることです。

BARBATO:そう言っていただけると嬉しいです。深みとつながりがあるからです。おもしろいことに、私たちは 14 シーズン目を終えたばかりで、ホストでありエグゼクティブ プロデューサーでもある RuPaul は、Drag Raceとこれまで以上につながっていません。彼はある種の母親のような役割で、ある種の責任と女王とのつながりを感じていると思います. Ruは本当に彼らとつながっており、それはシーズンごとにますます増えています。わかりませんが、彼はショーを一種の呼びかけとして見ているように感じます。

BAILEY:それに付け加えようと思っていたのですが、Ru はしっかりとしたスピリチュアルな人だと思います。また、ルーはテレビで流暢に話します。彼はおそらく、過去 50 年間テレビで放映されたすべての番組を見てきたので、誰かと話したり、安心させたり、肌に触れたり、防御を乗り越えたりすることに関しては、彼は専門家です。また、私はあなたの言葉が大好きです。彼が自分自身であること、そしてこのテレビの学生であることから得たスキル。今までの人生で、Ru よりもテレビをよく見ている人はいないと思います。そして、彼はそれをすべて吸収しました。

締め切り:番組の大衆へのアピールについて説明していただけますか?

ベイリー: ドラッグ レースは当初認識されていたものではなく、ニッチな LGBTQ+ 番組です。そうではありません。それが成功の秘訣だと思います。あなたが RuPaul の DragCon に行ったことがあるかどうかはわかりませんが、そこにいる人々を見れば、それが LGBTQ+ だけではないことがわかるでしょう。つまり、明らかにたちはクィアであり、それが私たちのコアな存在ですが、DragCon には家族、子供、祖父母がいて、多世代で楽しいものです。実際、人口統計的には、行く人のほとんどが女性だと思います。だから図に行く!

BARBATO: Drag Raceは、愛と自己表現と開放性に関するものです。私たちは、世界中のアーティストやドラッグ クイーンにプラットフォームを提供し、視聴者にできるだけ多くの場所でショーを見る機会を提供しようとしています. そのメッセージは前向きなものであり、愛情深いものであるため、それが主な議題です. 私たちは使命を帯びているようです。人々はこの番組に深く関わっており、番組を制作する人、視聴する人という点で、何年も前から存在しています。[笑い] より高い抗力の存在に答えているように感じます.