上院司法委員会、報道機関に反トラスト法の適用を免除し、報道機関が結束してテクノロジー プラットフォームとの合意を交渉できるようにする法案を可決しました。

Journalism Competition and Preservation Act15 対 7 の投票で可決され、超党派の支持を集めました。

「実際、これはコンテンツに関するものではないという見解を共有しています。法案の主要な共同提案者の 1 人であるエイミー クロブチャー上院議員(民主党-ミネソタ州) は、次のように述べています。

彼女は、この法案の目的は、「フェイスブックやグーグルのような巨大な独占企業が彼らのコンテンツにアクセスしたときに、地元の報道機関が補償を得られるようにすることです. コンテンツに関する交渉を促進することではありませんでした。」

彼女は、法案の焦点が報道機関への補償のみにあり、コンテンツではないと明確にする修正案を提案した。これにより、テッド・クルーズ上院議員 (共和党-テキサス州) は、この法案が「さらなる検閲の」盾として使用される可能性があるという懸念を和らげました。彼は最終的に法案に賛成票を投じました。

この法案は、新聞、放送局、デジタル ジャーナリズム アウトレットに対して、独占禁止法からの 8 年間の「セーフ ハーバー」を作成します。

近年、同様の法律が制定されていませんでしたが、先月、改訂版が導入されました。新しい法律は、集団的に交渉できる報道機関の規模に制限を設け、フルタイムの従業員が 1,500 人を超える報道機関を禁止しています。いわゆる「ゲートキーパー プラットフォーム」、つまり Google や Facebook が、これらの報道機関と「誠意を持って」交渉する必要があります。プラットフォームは、米国を拠点とするユーザーまたは加入者が 5,000 万人以上のプラットフォーム、または時価総額が 5,500 億ドルを超えるエンティティまたは世界中の月間アクティブ ユーザーが少なくとも 10 億人を超えるエンティティによって所有または管理されているプラ​​ットフォームと定義されています。

クロブチャー氏は投票後の声明で、「私たちの超党派の法律により、報道機関が団結して、ニュースコンテンツから利益を得るビッグテック企業からの公正な補償について交渉できるようになり、ジャーナリストはコミュニティに情報を提供し続けるという重要な仕事を続けることができます。 」

下院にも同様の法案が提出された。

テックプラットフォームはこの措置に反対した。インターネット業界団体ネット・チョイスの警察顧問、ジェニファー・ハドルストン氏は声明の中で、「独占禁止法から新聞を除外することは、合法的なニュースをコントロールし、競争を弱めるために共謀する動機を与えることになる。伝統的なメディアを支持する努力の中で、議会は、インターネットのおかげで、アメリカ人がこれまで以上に多くのニュースや意見の情報源を持っていることを忘れています。従来のメディアはますます目覚め、進歩的であるため、共和党がこの法案を支持していることに失望しています。」