ドナルド・トランプ氏は、彼を一時停止するという同社の決定の見直しを受けて、来年Facebookで彼のアカウントを復活させる可能性がある、と親会社であるMeta Platformsの最高幹部は木曜日に述べた.

Meta のグローバル アフェアーズ プレジデントであるNick Clegg氏は、ワシントン DC でのイベントで、同社は専門家と協議し、その影響を検討すると述べました。Clegg は、今後のメディア スタートアップであるSemaforのイベントでコメントしました。

「公共の領域に影響を与える決定を下すときは、細心の注意を払って行動する必要があります。自分の体重を振り回すべきではありません」と、Cleggは Semafor の Steve Clemons に語った

Facebook は、2021 年 1 月 6 日に国会議事堂が攻撃された後、プラットフォームからトランプ氏を無期限に禁止しました。 「明確でバランスの取れた方法で対応する」とクレッグは当時書いています。フェイスブックはその後、2023 年 1 月 7 日まで続く 2 年間、トランプを停職処分にした。クレッグは、フェイスブックは「暴力の事例、平和的な集会の制限、市民の不安の他の指標を含む外的要因を評価する」と書いた。

トランプの停止には、彼のInstagramアカウントも含まれていました。

Following the January 6 siege on the Capitol, Trump also was banned from other platforms including YouTube and Twitter. Elon Musk had suggested that he would reinstate the former president if he acquired Twitter, but that transaction is now mired in litigation. Musk has sought to back out of the deal. YouTube’s CEO also has said that it would lift the ban if the risk of “incitement to violence” recedes.

“If we think there is is content on our platform which will lead to real-world harm, physical harm, then we feel we have a clear responsibility to act against it,” Clegg said at the Semafor event.