ジェームズ・ノートンは、柳原半也のベストセラー小説『リトル・ライフ』のウエスト・エンド舞台化をリードする予定です。2015 年のブッカー賞の最終選考に残ったこの感動的なストーリーは、ニューヨーク市の 4 人の大学生の友人に続きます。Ivo van Hove ( Network、Hedda Gabler ) が、3 月 25 日に始まるハロルド ピンター シアターでの 12 週間の公演を監督します。

また、ブリジャートンルーク・トンプソン、オマリ・ダグラス (イッツ・ア・シン)、ザック・ワイアット (ウィッチャー)、エリオット・コーワン (ザ・クラウン)、ズービン・バーラ (タミー・フェイ)、ナタリー・アーミン (フォース・マジュール)、エミリオ・ドアガシン (カイト) も出演しています。ランナー)。

友人のカルテットは、意欲的な俳優のウィレム (トンプソン)、成功した建築家のマルコム (ワイアット)、苦労している芸術家の JB (ダグラス)、そして並外れた弁護士のジュード (ノートン) で構成されています。野心、中毒、プライドがグループを引き離す恐れがあるため、彼らは常にジュードへの愛と彼の過去の謎に縛られていることに気づきます. しかし、それらの秘密が明るみに出たとき、彼らは最終的に、ジュード・セント・フランシスを知ることは、人生に直面した愛の無限の可能性を理解することであることを学びます.

これは劇の英語初演となります。van Hove は以前、オランダ語で上演しました。

「この本は大ベストセラーになったので、一種のミステリーです」とヴァン・ホーヴBBCニュースに語った. 「それは残酷なこと、誰かを一生悩ませるトラウマ体験について語っているので、少し奇妙です。」彼はまた、BBC に、ランタイムが 3 時間 40 分に短縮されると語った。

小説の出版後の売り上げは控えめでしたが、口コミで250万部以上に拍車をかけました. ハロルド・ピンター公演のチケットは本日より発売。