映画の劇場デビューから2か月後、ディズニーは1977年のセミクラシックなピートとドラゴンのリメイク用の最初の公式予告編をリリースしました。2月にリリースされた以前のティーザーとは異なり、新しい予告編は、ついに再考されたドラゴンの外観を含む、新しい映像でいっぱいになります。元の映画では、ドラゴンは実写映像に挿入された魅力的な間抜けな、伝統的にアニメーション化された漫画でした。ここでは、完全にレンダリングされていますが、アニメーションのように見えますが、少なくともオリジナルと比較すると、真に脅威に見えるCGI3D獣です。上の予告編で、それをチェックして、映画のストーリーをもっと深く垣間見ることができます。

原作と同様に、物語は、エリオットという名前の目に見えないドラゴンとの友情のおかげで森の中で一人で生きることができたピート(オークスフェグリー)という名前の若い孤児に続きます。彼は最終的にグレース(ブライスダラスハワード)に引き取られました。グレース(ブライスダラスハワード)は、父親(ロバートレッドフォード)が荒野に住む謎のドラゴンの話で地元の子供たちを長い間喜ばせてきた地元の森のレンジャーです。ピートの説明から、エリオットは彼女の父親の話からのドラゴンに非常に似ているようです。父親(ウェスベントリー)が地元の製材所を所有している11歳の少女ナタリー(ウーナローレンス)の助けを借りて、グレースはピートがどこから来たのか、彼がどこに属しているのか、そしてこのドラゴンについての真実を発見することを目指しています。カールアーバンデヴィッド・ロウリー監督、ロウリーとトビー・ハルブルックス作の映画の共演者。

ディズニーは、4月4日のリリース以来世界中で9億160万ドルを稼いだ、古典的なマウスハウス映画の別の完全な再考からまだお金を稼いでいます。ディズニーが1年に2回レトロゴールドを打つかどうかは、今年の夏の終わりにわかります。ピートのドラゴンはアグスト12の劇場に火を噴きます。