ディズニーは昨日、 James CameronAvatarのリマスター版再リリースの海外展開を5 つの初期市場で開始し、Na'vi は総額 87 万 7,000 ドルを記録しました。4K ハイ ダイナミック レンジ バージョンはフランスで 51 万 3,000 ドルで第 1 位で、2012 年に 3D で再リリースされたタイタニックを 8% 上回っています。

韓国では20th Century Studiosの映画が 2 つのローカル タイトルに次ぐ第 3 位でした (木曜日までに 27 万 7,000 ドルで落札されました)。他の場所では、アバターはサウジアラビアで 2 位、ベルギーとフィリピンで 1 位になりました。

今日では、ドイツ、イタリア、オーストラリア、ブラジル、メキシコなどの市場が追加されています。合計で、アバターは 8,000 以上のオフショア スクリーンと北米で今週末にプレイされます。

水曜日に報告したように、次の続編であるAvatar: The Way of Water のスニーク映像が映画の最後にタグ付けされたことが明らかになり、ソーシャル メディアは騒然としました。反応は非常に肯定的でした。

ディズニー
一方、ディズニーはアバターと中国 に関しては手を抜いている。上海ディズニーリゾートのアバター:没入型パンドラの展示のオープニングに合わせて、パークは映画の特別上映会を開催し、映画製作者からのメッセージでいっぱいになりました.

中国では、中国で開発された CINITY 技術を利用した 1 回限りのスクリーニングが行われました。アバターは、昨年すでに映画館で上映されていたため、市場で広く再リリースされていません.

このニュースは、チャイナ・フィルム・グループの幹部が最近、キャメロンからのサプライズ挨拶を受けて、近日公開予定の『ウェイ・オブ・ウォーター』の映像を上映したというニュースに続くものです。

中国でアバター 2がリリースされるのは時期尚早ですが、最初の映画が 2010 年に 2 億ドルを超え、再リリースで 5,800 万ドルが追加されたというフランチャイズにとって巨大な市場です。これにより、Na'vi はAvengers: Endgameを超えて、世界の興行収入で史上最高の収益を上げた映画の王冠を取り戻しました。

上海ディズニーのExplore Pandoraは、6か月のエンゲージメントが予定されている一時的なインスタレーションで、世界中のディズニーパークで開催される最初のアバターをテーマにした巡回展示会になります. Lightstorm Entertainment および Disney Location-Based Experiences と共同で設計されたウォークスルー展示では、パンドラの幻想的な異星人の月、ナヴィの文化、およびその生物発光環境の探索をゲストに提供します。

1,400 平方メートルの敷地に、声の木など、映画の象徴的なランドマークを等身大で再現しています。高さ 6 メートルのセンター ピースは、ナヴィの祖先からのささやきを含む、映画の神聖なつながりの場所を再現したものです。

ハイテク インタラクティブには、アンプリファイド モビリティ プラットフォーム (AMP) スーツ シミュレーターや、「アバター化」される機会が含まれます。ショッピング体験もあります。

Avatar: The Way of Waterは、今年の 12 月 14 日に海外展開を開始し、12 月 16 日に北米に上陸します。