福岡 伸一(ふくおか しんいち、1959年9月29日 - )は、日本生物学者青山学院大学教授ロックフェラー大学客員教授。専攻は分子生物学農学博士京都大学、1987年)。東京都出身。

略歴

2021年4月から2022年3月まで朝日新聞朝刊教育面で連載小説「福岡伸一の新・ドリトル先生物語 ドリトル先生ガラパゴスを救う」を担当[1]

活動

主張

プリオンについて

コッホの三原則を満たしていないなどの理由から、現在の世の中では主流となっているBSEプリオン原因説に懐疑論を投げかけている。著書『プリオン説はほんとうか?』ではBSEのウイルス原因説を提示した。

進化論について

チャールズ・ダーウィン進化論に対して、完全ではないという考えを持っている。文學界2008年8月号で、川上未映子との対談において、進化を説明するための一つの説としてジャン=バティスト・ラマルク用不用説を持ち出している。

人物

受賞歴

著書

単著

  • もう牛を食べても安心か』(文春新書、2004年)
  • 『プリオン説はほんとうか? タンパク質病原体説をめぐるミステリー』(講談社ブルーバックス、2005年)
  • 『ロハスの思考』(木楽舎・ソトコト新書、2006年)
  • 生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書、2007年)
  • 『生命と食』(岩波ブックレット、2008年)
  • できそこないの男たち』(光文社新書、2008年)
  • 『動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』(木楽舎、2009年)小学館新書、2017
  • 『世界は分けてもわからない』(講談社現代新書、2009年)
  • 『ルリボシカミキリの青』(文藝春秋、2010年)のち文庫(副題「福岡ハカセができるまで」)
  • 『エッジエフェクト 界面作用 福岡伸一対談集』朝日新聞出版, 2010.
  • フェルメール 光の王国』(木楽舎、2011年)
  • 『動的平衡 2 (生命は自由になれるのか)』木楽舎, 2011.12  小学館新書、2018
  • 『福岡ハカセの本棚』メディアファクトリー新書 2012.12
  • 『遺伝子はダメなあなたを愛してる』朝日新聞出版, 2012 のち文庫
  • 『せいめいのはなし』新潮社、2012 のち文庫
  • 『生命と記憶のパラドクス 福岡ハカセ、66の小さな発見』文藝春秋, 2012.9 のち文庫 
  • 『やわらかな生命』(文藝春秋、2013年)のち文庫(副題「福岡ハカセの芸術と科学をつなぐ旅」)
  • 『生命の逆襲』朝日新聞出版, 2013.4
  • 『動的平衡ダイアローグ 世界観のパラダイムシフト』木楽舎, 2014.2
  • 『芸術と科学のあいだ』木楽舎, 2015.11
  • 『変わらないために変わり続ける マンハッタンで見つけた科学と芸術』文藝春秋, 2015.4 のち文庫 
  • 『生命科学の静かなる革命』インターナショナル新書 集英社インターナショナル, 2017.1
  • 『動的平衡 = Dynamic Equilibrium 3』 木楽舎, 2017.12
  • 『ナチュラリスト 生命を愛でる人』新潮社, 2018.11
  • 『ツチハンミョウのギャンブル』文藝春秋, 2018.6
  • 『わたしのすきなもの』婦人之友社, 2019.2
  • 『フェルメール隠された次元 (翼の王国books) 木楽舎, 2019.2
  • 『最後の講義完全版福岡伸一 どうして生命にそんなに価値があるのか』主婦の友社, 2020.3

共著

翻訳

  • A.キンブレル『ヒューマンボディショップ 臓器売買と生命操作の裏側』化学同人 1995.7
  • H.コリンズ,T.ピンチ『七つの科学事件ファイル 科学論争の顛末』化学同人 1997.2
  • キャリー・マリス『マリス博士の奇想天外な人生』早川書房、2000 のちハヤカワ文庫
  • リチャード・ドーキンス『虹の解体 いかにして科学は驚異への扉を開いたか』早川書房 2001
  • Trudy McKee,James R.McKee『マッキー生化学 分子から解き明かす生命』市川厚監修 監訳 化学同人 2003.10
  • スティーヴ・ジョーンズ『Yの真実 危うい男たちの進化論』岸本紀子共訳 化学同人 2004.8
  • ワンガリ・マータイ『モッタイナイで地球は緑になる』木楽舎 2005.6
  • テオドル・ベスター『築地』和波雅子共訳 木楽舎 2007.1
  • ライアル・ワトソン『エレファントム 象はなぜ遠い記憶を語るのか』高橋紀子共訳 木楽舎 2009.6
  • ライアル・ワトソン『思考する豚』木楽舎 2009.11
  • A.キンブレル『すばらしい人間部品産業』講談社, 2011.4
  • ジェイソン・チン『ガラパゴス』講談社, 2013.6
  • ヒュー・ロフティングドリトル先生航海記新潮社、2014 文庫 2019.7
  • アンドリュー・キンブレル『生命に部分はない』講談社現代新書 2017.6
  • エマ・ドッズ ぶん, マーク・アスピナール え『アニマルズ 生きもののおどろき120』ポプラ社, 2018.3
  • サビーナ・ラデヴァ 作・絵『ダーウィンの「種の起源」 はじめての進化論』岩波書店, 2019.4

対談集

出演

テレビ

ラジオ

CM

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ ドリトル先生の新物語 生物学者・福岡伸一さんが連載で朝日新聞2021年3月13日
  2. ^ a b c 後掲参考文献の朝日新聞より。
  3. ^ 『フェルメール 光の王国』
  4. ^ 2009年の第2回新書大賞では『できそこないの男たち』で第2位、2010年の第3回新書大賞では『世界は分けてもわからない』で第8位。

参考文献

  • 朝日新聞2010年4月3日付b1面「フロントランナー 美を愛でる遺伝子ハンター」
  • 朝日新聞2021年3月13日付「ドリトル先生の新物語 生物学者・福岡伸一さんが連載で」

外部リンク