祝辰巳

祝 辰巳(いわい たつみ[1]慶応4年2月1868年) - 1908年明治41年)5月25日)は、日本の台湾総督府大蔵官僚。台湾総督府民政長官。

経歴

出羽国村山郡(現山形県)出身。1892年帝国大学法科大学を卒業。同年10月、大蔵省試補となり、大臣官房第二課に配属された。以後、主計局勤務、沖縄県収税部長・収税長を歴任。

1896年台湾総督府に転じ、民政局財務部調査課長兼関税課長に就任。その後、財務局主計課長、財務局長事務取扱、民政部財務局長、兼専売局長、民政局殖産局長などを歴任。

1906年11月、民政長官に就任し、現職で死去した。

栄典

脚注

  1. ^ 参考文献『日本人名大辞典』111頁では「いおう たつみ」。
  2. ^ 『官報』第7194号「叙任及辞令」1907年6月24日。

参考文献

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 岡本真希子『植民地官僚の政治史 - 朝鮮・台湾総督府と帝国日本』三元社、2008年。
  • 内閣官報局『職員録』

外部リンク


公職
先代:
後藤新平
日本の旗 台湾総督府民政長官
第4代:1906 - 1908
次代:
大島久満次