百済文輔

百済 文輔(くだら ぶんすけ[1] / ふみすけ[2]1883年明治16年)4月[3] - 1952年昭和27年)[1])は、日本の内務警察官僚政治家。官選県知事川崎市小倉市長。

経歴

山口県厚狭郡高千帆村(現山陽小野田市)出身[1]神職百済忠敬の息子として生まれる[2]山口高等学校を卒業[4]1908年京都帝国大学法科大学政経学科を卒業[2]内務省に入省し山梨県属となる。1910年11月、文官高等試験行政科試験に合格した[4]

1911年3月、山梨県東山梨郡長に就任[5]1913年関東都督府参事官となる[3]。以後、大阪府事務官三重県警察部長、群馬県内務部長、愛媛県内務部長、東京府産業部長、同書記官・内務部長、北海道庁内務部長など歴任[2]

1926年12月、群馬県知事に就任[6]。産業会館建設、共進会開催、蚕糸業資金、教育調査会設置などに取り組んだ[1]1927年5月、奈良県知事に転任[2]

1929年8月、台湾総督府殖産局長に転任[7]1931年5月8日、依願免本官となり退官した[4][8]。同年、川崎市長に就任し、さらに、1934年3月、小倉市長となり、1938年3月まで在任した[9]

人物

1924年家督を相続する[3][10]渋谷区多額納税者である[11]。宗教は神道[10]。趣味はゴルフ釣り園芸囲碁[10]。住所は東京市渋谷区元広尾町[10][11](現・渋谷区広尾)。

家族・親族

百済家
親戚

脚注

  1. ^ a b c d 『群馬県人名大事典』171頁。
  2. ^ a b c d e 『新編日本の歴代知事』719頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 『人事興信録 第10版 上』ク38頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年10月11日閲覧。
  4. ^ a b c 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』198頁。
  5. ^ 『官報』第8314号、明治44年3月13日。
  6. ^ 『新編日本の歴代知事』293頁。
  7. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』129頁。
  8. ^ 『官報』第1305号、昭和6年5月9日。
  9. ^ 北九州市史編さん委員会編『北九州市史 近代・現代 行政社会』北九州市、1987年、1068頁。
  10. ^ a b c d e f g h 『人事興信録 第12版 上』ク41頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年10月11日閲覧。
  11. ^ a b 『渋谷区多額納税者名鑑』54頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年10月11日閲覧。

参考文献

  • 豊多摩時事新聞社編『渋谷区多額納税者名鑑』豊多摩時事新聞社、1933年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第10版 上』人事興信所、1934年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版 上』人事興信所、1940年。
  • 『群馬県人名大事典』上毛新聞社、1982年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。