思秋期」(ししゅうき)は、1977年9月5日にリリースされた岩崎宏美の11枚目のシングル。

解説

  • 第19回日本レコード大賞・歌唱賞、第8回日本歌謡大賞・放送音楽賞受賞曲。
  • 後年、萩田光雄による編曲の別バージョンがレコード化された。実は、この別バージョンこそ当初シングルになる予定だったことが、紙ジャケット復刻アルバムのライナーノーツに、岩崎本人のコメントとして掲載されている。
  • 18歳の岩崎が高校を卒業した3か月後の時期に、阿久と三木の立ちあいのもとレコーディングが行われた。だが、岩崎は歌詞の内容に気持ちが高ぶり何度も泣いて歌えなくなり、その日のレコーディングは取りやめになった、という。後に岩崎は阿久に「おじさんの年齢(当時の阿久は40歳)の人が、何故自分の生活や心情が分かるのか不思議でならなかった」と話したが、自身の思い出については語らなかったという[1]
  • 阿久が逝去した直後の2007年8月11日に放送された『第39回 思い出のメロディー[2]では、出演歌手であった岩崎が、同曲を阿久への追悼として歌唱した。

収録曲

  1. 思秋期(4分17秒)
  2. 折れた口紅(ルージュ)(3分17秒)

カバー

関連項目

脚注

[脚注の使い方]