原材料(げんざいりょう、英語: ingredient)とは、製品など)を製造するための元になる物質

概要

原料と材料との違い

原材料とは、原料raw material)と材料ingredient)を組み合わせた言葉である。両者とも似たような言葉ではあるが、違いとしては原料は通常、物(製品など)が完成したときに原型をとどめていない物のことを指す。すなわち、化学的加工により製品になるものは原料、物理的加工により製品になるものを材料と分類することができる。

(例)

また、ある物が必ずどちらかに分類されるかというとそうではなく、用途によって原料と材料に分かれる場合もある。例として木材を挙げると、

  • 原料のケース - パルプ製品を作るために投入される場合
  • 材料のケース - 一戸建てを建てるために、として使われる場合

一般的に使われる際には両者は厳密に区別はされず、原材料とまとめて呼ばれることが多い。

原材料として扱われるもの

製造業を川の流れに見立てた場合の「川上産業」で投入される物を指すことが多い。

など

関連項目

脚注