効用関数(こうようかんすう、: utility function)とは、選択肢に対する選好を表す実数値関数のことである。形式的には、所与の選択集合および上の選好関係に対して、を満たす関数を、を表現する効用関数と言う[1]


脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 神取道宏ミクロ経済学の力』、日本評論社、2014年、p.14。