久慈川(くじがわ)は、福島県および茨城県を流れる一級河川。久慈川水系の本流である。流路総延長527km(幹川124km,支川403km)。日本で有数のの釣場として有名である。

地理

福島県と茨城県の県境にある八溝山の北側斜面に源を発する。阿武隈川から流路を河川争奪したと考えられている[1]八溝山地阿武隈高地の間を南へ流れ、茨城県に入って大子町常陸大宮市などを経て、日立市東海村の境界から太平洋に注ぐ。

久慈川水系を北西から望む。
右奥が下流でひたちなか市や水戸市の市街地。

流域の自治体

福島県
石川郡浅川町東白川郡棚倉町塙町矢祭町鮫川村
茨城県
久慈郡大子町常陸大宮市常陸太田市那珂市日立市那珂郡東海村
栃木県
大田原市

名称の由来

久慈郡を流れることから付いたものである。久慈という地名は、『常陸国風土記』の記述に「古老のいへらく、郡より南近くに小さき丘あり。かたち、鯨鯢に似たり。倭武の天皇、よりて久慈と名づけたまひき」とあるのに由来するといわれている[2]

主な支流

  • 里川、山田川、浅川、川上川、矢祭川、八溝川、押川

ギャラリー

脚注

  1. ^ 世界大百科事典 第2版『久慈川』 - コトバンク、2018年6月9日閲覧。
  2. ^ 茨城県. “いばらきの川紹介_川の名前の由来(第3回)” (日本語). 茨城県. 2019年9月5日閲覧。

関連項目

外部リンク