ハーバート・サイモン

ハーバート・アレクサンダー・サイモンHerbert Alexander Simon1916年6月15日 - 2001年2月9日)は、アメリカ合衆国政治学者認知心理学者経営学者情報科学者である。心理学人工知能経営学組織論言語学社会学政治学経済学システム科学などに影響を与えた。
大組織の経営行動と意思決定に関する生涯にわたる研究で、1978年にノーベル経済学賞を受賞した。

略歴

研究の特徴

日本語訳著作

単著

共著

  • (O・ティード)『コンピューターと経営』(日本生産性本部, 1964年)
  • J・G・マーチ)『オーガニゼーションズ』(ダイヤモンド社, 1977年)
  • (D・W・スミスバーグ、V・A・トンプソン)『組織と管理の基礎理論』(ダイヤモンド社, 1977年)
  • (クラレンス・E・リドレー)『行政評価の基準――自治体活動の測定』(北樹出版, 1999年)

補足

2012年3月の日本経済新聞「やさしい経済学」において、「シリーズ 危機・先人に学ぶ」の一人として取り上げられた。記事によれば、少年時代のサイモンの座右の銘は「戦って逃げる者は生きて再び戦える」というフレーズだという。

関連項目

外部リンク